信頼って?

今日はこんな時間になってしまいましたが、
4/17の投稿として。堀内です。

現在法人口座の開設などを通常業務の他にやっています。

正直言ってめんどくさい・・・
というかココまで大変なものとは思いませんでした。
登記などの書類を集めることはもとより、
信頼をしてもらうための書類や証明が必要です。

例えば、固定電話があること。
固定電話があることが信頼の証明になるのか、って話にはなりますが、
オフィスが有り、固定電話の名義が会社であれば
「NTTの信頼をうけて確保されている」と判断ができます。

他には、「法人が借主の賃貸契約書」
実際にオフィスを借りてやってますよ、という証明ですね。
実態がない会社にはできないので、わかる気がします。

もろもろ「オレオレ詐欺」対策のために行なっているもののようで、
存在しない会社を設立しての活動を妨げるものです。

究極が、「他行の口座があること」
もはや自分の銀行での審査を放棄しているも同じです。
たしかに間違いないですが、私のように新規開設を
考えている状態ではまったく意味が無いです。
この条件は完全に心が折れました。

しかし、いろんなところで信頼に足るのか?
と考える場合、同じようなことをしていますね。

「他者実績はどのくらい?」
「過去の実績はどうなっていますか?」
自分たちがゼロから審査しないためにはこういった情報が
最も効率的に信頼を得やすいです。

そんな中でも本当に信頼ができるから
御社と取引をしたい、といってくれるケースもあります。

今まさに実績がないCLAVESがそうです。

そのためにも信頼を得られる活動を続けたいと思います。

2013.4.17 堀内文雄(細かい手続きが苦手・・・)532279_469981163075142_10920619_n