1時間、本気で集中したら何ができるのか

あなたなら1時間をどのように過ごしますか?
クラベスのメンバーが本気の1時間を過ごしました!

———-
7月21日(金)〜22日(土)でクラベス夏の合宿を開催しました。
合宿では、毎回プレゼン大会を行うのですが、今回のテーマは「1時間集中チャレンジ!」でした。
各々が1時間何かに取り組み、その成果発表を行います。

今回は、みんなの1時間体験の中から、抜粋してご紹介します!


Arduinoを使って、ツイッターに温度や火気検知をつぶやく

ますは一人目
「Arduinoを使って、ツイッターに温度や火気検知をつぶやく」

Arduino

エンジニアらしいチャレンジですね。
誕生日プレゼントにもらったという (プレゼントがマニアックです) Arduinoを使って温度や火気検知を呟いたり、温度を聞いたら返してくれるbotを作りました。

twitter

1時間で作れるんですね!
プログラミングにチャレンジした人は何人かいましたが、動くものを発表できたのは唯一人だったので、かなりの高評価でした!


水信玄餅作り

続いてはこちら
「親子で水信玄餅作り」

2歳の娘さんと参加したママさん社員
きっと、娘ちゃんの邪魔が入るだろうということで、それなら一緒に作れるものを!と、水信玄餅を一緒にクッキングしました!

アガーという寒天のような粉と水だけでできるので、小さいお子さんでも食べられます。
作り方もいたって簡単で、アガーと水を鍋で溶かし、丸型の製氷皿に入れて冷やすだけ!

水信玄餅

私たちもおやつに美味しくいただきました!


エンジン ロゴ制作

最後はこちら
「エンジン ロゴ制作」

ここでおさらいです。

エンジンとは・・・CLAVESが月に1回程度のペースでメンバー同士の交流のために行う飲み会のこと

なぜ”飲み会”ではなく、“エンジン”という名称をつけたのかというと
「同じ卓を囲んで話し合える環境を作る」
「次の日からまた仕事で走っていくために、円陣をメンテナンスする」
という意味が込められています。

そして、できたロゴがこちら↓

エンジン

前のめりに回転する円を表現することで、「円陣」と「エンジン」をうまく表現してくれました!!


みなさん、思い思いの時間を過ごした1時間。
童心にかえってトンボやメダカを捕まえたり、トランプタワーを作ったり、
今後作りたい機能や製品企画、ハッキングにチャレンジしたり、
この後のBBQの料理、デッサンやタイピング、自分自身と向き合う人も。

ちなみに私は、けん玉にチャレンジしました!
今まで、お皿に乗せることすらできなかったのですが、けん先に入れるまでに上達しました。
成果発表のときの、あの拍手喝采は忘れられません!(笑)



時間の価値を見直すというのが、今回の課題の目的でした。
たった1時間。されど1時間。
ぼーっと過ごしたらあっという間に過ぎてしまいますが、過ごし方次第でその価値は無限大です。

1時間で何をどこまで終わらせる、という目標設定も大事です。
それが仕事の効率化や見積もりを考えるのにつながると考えています。


クラベスの合宿では、このように、毎回工夫に凝らしたプレゼン大会を行っています!


今回は触れませんでしたが、合宿初参加者恒例の「自分史発表」も行いました。
面白い子供時代を過ごしていたり、その人の人となりがわかったりして、新メンバーへの理解がより深まりました。

合宿のオフ部分については、「絆パワーアップ!クラベス夏合宿のご報告」をご覧ください!

集合