プロに頼むということ

公開日:2021/08/12

著者:堀内 文雄

どーも、代表の堀内です。

台風は直撃ではなかったですが、強風でしたね。

本当はお出かけの予定もあったのですが、 今回の風は危ないと判断して、半ば引きこもって過ごしました。

とはいえ、公園に行ったりスーパーに行ったり図書館に行ったりで子供とは遊んだわけなんですが。

何も予定ないな〜ってなると

「掃除しよう!」 ってなりますよね。

たまった古新聞やダンボールを皮切りに掃除を始め、 今回は寝室のエアコンが臭いかもという妻の一言から 半日使ってエアコンの掃除をしてみました。

だいたい毎年夏の前に軽くは掃除していたんですが、今年は忘れてしまい。

いざやってみると、 フィルターなどを外して、専用のスプレーを使ったり、 歯ブラシやタオルなんかでホコリやカビをとったりしていくんですが、 完全に分解する自信もなく、それなりな状態で掃除をします。

出るわ出るわ、汚れが。 マスクしてないと肺がやられるんじゃないかと思うほどのホコリ(なのかカビなのか)。

それを見てしまったにもかかわらず、 分解はできていないので、完璧にはできずにしめることに。

家には3台のエアコンがあり。2台に着手したものの、 3台目には力及ばず(あまり使ってないやつだからいいかな、というのもあり。)

とはいえ重労働だし、こんなに汚いんだったら本格的にやりたいし、 自分でやってエアコンが壊れたらやばいし、 やっぱりプロにお願いするべきだった・・・

と思った週末でした。

夏を超えたら冬は基本使わないので、プロに掃除してもらって、 エアコンカバーつけて眠っていてもらおうかな。 https://item.rakuten.co.jp/sunrose/10000358/

とまぁ、タイトルの話に戻るのですが、 自分でもできそう!やれそう!ってことで手を付けて、 結局中途半端になったり、イマイチになったり、なんだったら悪化させたりしまうことって 我々の仕事でもあったりします。

HTMLやCSSだったらできます!みたいな方や、 商品管理とかカテゴリ管理ってこうすればいいんでしょ? 自分でできるからお金払わないで自分でやるよ! みたいな事が多々あります。

実際に特にこだわりなくクオリティや長期的な運用に対する考えもできていて、 ご自身でできる方はいるので、止めません。

とはいえ、我々はその分野のプロではあるので、 プロにやりたいことを伝えて実現してもらう、 こだわりの箇所や不安な箇所はコメントする、 みたいな方がとてもやりやすいです。

カテゴリやページの導線設計なんて、 家やお店で行ったら設計図ですからね。

簡単にできるところはありますが、やはりそれなりになってしまいます。

自分たちが目指しているものを考えながら、 プロに任せていただけると、後にも先にも幸せになるようにしますので、 ご相談いただければと思います。

「ECなんて簡単だよ、サクッと作れたよ」 なんてケースが一番危ないので気をつけてください。

テストマーケティングとかならいいんですが、 パッケージを使って導入をして、長期的につらい形になっている会社を何度も見てきているので、 しっかりとした「設計」を入れてくださいね。

※shopifyあたりが昔のEC CUBEのように、製品が悪いわけじゃないのに悪評がたちそうで心配です。

ではまた。

2021.08.11 堀内文雄(世界的にサッカーシーズンが動き出して嬉しい。)