海外ツールでの注意点

こんにちは。弊社ではFacebookのメッセージ機能を使ってチャットをしております、CLAVES堀内です。

様々なツールがありますが、今でも名刺代わりにFacebookで連絡を取ったり、イベントに参加したりした方にメッセージやファイルを共有する際に利用するケースはあるのではないでしょうか

弊社で利用している理由として、
・デバイスフリー (アプリ不要)
・ファイル共有が容易
・通知オフが容易
・メッセージの検索が可能
・後から参加したメンバーに過去のメッセージの閲覧が可能
などの理由からFacebookを利用しています。

他社の皆様とプロジェクトを行う際に利用することもあります。課題の管理については当然別のツールを使いますので、その話はまた別のタイミングで。

先日複数社複数名のグループのメッセージをしてた際に、添付ファイルを送っていただいたのですが、取得できずエラーになってしまうことがありました。不具合内容としては、日本語名などの2byte文字を入れたファイルを添付した際にエラーになってしまうようでした。その際にあまり知られてなかったので共有のためにも。皆様お気をつけください。(と思って書いてましたが、既に解消済みでした。)

私達は日常で様々な新しいツールを使います。海外製品を使うことも多分にあります。エラーが発生した際には、おそらく皆さん原因や解消方法を探ると思いますが、システムあるあるとして、日本語はかなり特殊であることを認識して利用する必要があります。

日本語でなければ使わないサービス、などと考えている場合、もしかしたら大きな損失を受けているかもしれません。

2015.01.20 堀内文雄(デバックのカンだけは一流かも?)