新型コロナウイルス対策について 2021年1月

こんにちは。クラベスの川嶋です。

2021年1月7日に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が再度発令されました。クラベスでは昨年4月同様、新型コロナウイルス対策としてフルリモートを推奨していく(出勤を非推奨とする)ことにしました。

以前の記事にも書きましたが、メンバーの中には「一週間ずっとひとりぼっちで働くのは気が滅入る」、「家だとなかなか集中できない」、「たまにはみんなに会いたい」「仕事でのちょっとした会話がなくてやりづらい」などと言った意見が出ておりました。
そのため、代表の「メンバーそれぞれのパフォーマンスが一番出せる環境で働いてほしい」という想いから、出勤を禁止にすることはしません。

方針は以下のとおりです。

1.12時から16時をコアタイムとする(必ず勤務している時間(休憩時間を除く))
フルリモートの場合は09-19時の間で8時間(移動時間を考慮した変則対応が不要なため、通常通りの勤務時間)

2.リモートワークをして出社する時、社内で仕事してから自宅に戻る時には都度、日報をつける

3.リモートワーク開始と終了はSlackの勤怠チャンネルで報告する

4.合計8時間勤務

営業時間内に全てのメンバーが社内にいる状態ではないので、お電話がつながらないことがあります。
※お客様においては、redmineでのご連絡をお願いいたします。

お客様および、関係者様にご迷惑をおかけすることもあるもしれませんが、
ご理解とご協力を何卒、お願いいたします。

アイキャッチ-3

CLAVESのロゴもソーシャルディスタンス継続中です。

社内の対策など

お客様とのお打ち合わせや、採用面接などほとんどの打ち合わせをweb会議で行い、
感染の大きな要因の電車での移動を減らしております。

出勤しているメンバーもちらほらいる状況なので、社内の環境にも気を配っています。
業務中の空気清浄機、加湿器の稼働はもちろんのこと、こまめな換気を行なっています。
最近は小さいサイズのCO2濃度測定器を設置しました。

001

暖房をずっとつけていると頭がボーっとしてきて仕事にも影響が出てきてしまうので、換気の一つの基準として設置しました!
基準としては、画面に表示されてる二酸化炭素の数値が1200以上になるとアラームが鳴るようになっているそうです。
(試しに息を吐いてみたら、みるみるうちに数値が上がったので信頼できそうです。笑)

厳しい状況が続いてる上に、冷え込みも激しいのでより慎重に過ごしてまいります。皆様もお気をつけてお過ごしください。
引き続きよろしくお願いいたします。