新型コロナウイルス対策について 2020年6月

こんにちは。クラベスの川嶋です。

5月25日に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されましたが、クラベスでは当面の間、リモートワークと平行していきます。
また、感染のリスクが高いとされている満員電車を避けるため、引き続き時差出勤または、リモートワーク込みの時差出勤を推奨していきます。

長期期間のフルリモートで働いていたメンバーのなかには、「家だとなかなか集中できない」、「たまにはみんなに会いたい」「仕事でのちょっとした会話がなくてやりづらい」などと言った意見が出ました。
代表の「メンバーそれぞれのパフォーマンスが一番出せる環境で働いてほしい」という想いから、このような対応にしました。

方針は以下のとおりです。

1.12時から16時をコアタイムとする(必ず勤務している時間(休憩時間を除く))
フルリモートの場合は09-19時の間で8時間(移動時間を考慮した変則対応が不要なため、通常通りの勤務時間)

2.リモートワークをして出社する時、社内で仕事してから自宅に戻る時には都度、日報をつける

3.リモートワーク開始と終了はSlackの勤怠チャンネルで報告する

4.合計8時間勤務

営業時間内に全てのメンバーが社内にいる状態ではないので、お電話がつながらないことがあります。
※お客様においては、redmineでのご連絡をお願いいたします。

お客様および、関係者様にご迷惑をおかけすることもあるもしれませんが、
ご理解とご協力を何卒、お願いいたします。