会話のシミュレーション

420875_469433606463231_830955421_n4月も半ばになりました。
新しい何かは順調ですか? 私は昨日投稿に穴を開けてしまったので反省中です。
堀内です。

さて、前回の続きです。

会話というのはお伝えした通り、経験の積み重ねによってできるものです。
初めて話す言葉というのはおそらく毎日10個もありません。
単語を抜いてしまえばおそらく1日に1個あるかないか、でしょう。

すなわち、
会話の幅を広げたい、会話の種類を増やしたい、などと考えた場合は
「誰かに」話したことがあることが重要です。

誰か、というのがお客様であれば、同僚や友人でもいいですし、
先輩後輩、上司部下、ましてや家族でもいいのです。

一番簡単な会話の相手は「自分」です。

会話が上手な人はよくしゃべっている、という印象があると思いますが、
おそらく大半の方は、イメージ・想像・妄想の中で
たくさんの会話をしています。

「会話のシミュレーション」です。

想像の中での会話の相手は、
自分である場合もあれば、友人やお客様の場合もありますし、
見たことしかない人、著名人などの場合もあるでしょう。

しかし、その「会話のシミュレーション」ができているかいないか、で
会話のレベルが格段に変わってきます。

あなたの目の前に総理大臣が突然現れたら何をお話しますか?
その場ですぐにお話できると思いますか?

外国の大統領だったらどうでしょう?なおさら厳しいですよね。

大げさではありますが、その小さいパターンが普段の生活、普段の会話です。
突然エレベータで一緒になった方と会話できてますか?

まずはそこから始めてみてください。
会話をすることは自分の知識を一番深めることにもつながります。

2013.4.16 堀内文雄(会社設立後の手続きも大変です。。。)