「探す時間」は無駄な時間

公開日:2022/07/01

著者:堀内 文雄

どーも堀内です。

週末から珍しく家にいることが増えております。 在宅勤務も含めて家にいると、家掃除しようかな?とか、レイアウト変えようかな?なんて思いませんか?

ここでいきなり、 人生の中で無駄な時間ベスト3を上げてみたいと思います。

上記の中でももちろん意味があった、成長につながった、というシーンはあると思いますが、できればいらない時間だよな〜って思います。 特に一番上の「何かを探している時間」は無駄でしかないといつも思っています。

もちろん自分が知らないものを調査している、調べている時間は全く無駄じゃないです。 むしろ有意義。新しい出会いを積極的に求めるべきで、 探しているというよりも情報に「出会うための時間」と言ってもいいと思います。

かのGoogleも「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」としていて、 整理されていない情報にアクセスできるようにしたということに価値がありました。

インターネットでの検索がなかったら、いまと同様の暮らしができるとは思えません。 情報にたどり着くまで、目的地にたどり着くまで、欲しい物にたどり着くまで、いまの何倍の労力が必要だったでしょうか。

このような「情報」について「探す」は実は好きです。

どのように検索するのか、という部分に能力が試されます。 適格に情報にたどり着けるかによってかかる時間も違います。 工夫、努力のしがいがあるものになります。

前回のブログにも書きましたが、情報を探す方法もさることながら、情報発信者になることも容易になった時代です。

↓前回の記事はこちら。 自分で考える習慣 自分で考える習慣

ggrks(ググレカス)なんてネットスラングが使われた時代もありましたが、人に聞かずに自分で調べればいろいろ分かる時代です。

しかし、知っている人に行く、というの工夫のひとつとも言えます。 その手の専門家に話を聞きたい、っていうニーズは多くありますね。 自分は、自分と同じような家族が便利だと思うキャンプグッズ、となると興味津々になります。

と、まぁ「情報を探す」のは楽しいのですが、僕が言っているのは、建設的なものではなくもっと無駄な時間。

あの書類どこいったっけ? あのコードは?あの部品は?あのカードは?あの写真は?あの玩具は?あのお菓子は? なんて時です。

家の中でよくありませんか?私はオフィスの中でもよくあります… 「自分しか使わない書類」なんてなおさら。

Googleの言葉の中で言われている「整理」が足りてないですよね。

収納する時に1分多くかけるだけで、未来の5分を節約できるのに… 下手したら今の3分が未来の1時間を救うことなんでことも。

家は物理的なモノは掃除整理整頓するしかないんですが、 オフィスのなかでの書類は全部電子化してしまおうと思っています。

ECの良いところのひとつは、商品を検索できることだと思っています。 店舗にディスプレイできるものは限られていますが、検索できるものはスペース関係なしに無限にすることができますね。

DX推進しなきゃ!みたいな方々は、まずそこから始めてもいいんじゃないかと思います。 店舗内EC、ワンタイムECみたいなのもこれから作られていくと思います。 ワンタイムEC作りたいな。

DXについて詳しくはこちらからどうぞ! DXって言葉を理解していますか? DXって言葉を理解していますか?

話がそれました。 自分は情報を整理するのが苦手です…とっちらかりがちです。 プロジェクトやお客様の事となるとそれなりにできるんですが、いざ身の回りのこととなると…

子供が遊んだ後の部屋状態。大人にならないとなと思います。

そのためには、やり方を決めて、徹底する。 そのやり方に改善を求めてもいいが、ある程度目をつぶって 実行し続けるしかないと思います。

社員や身の回りの皆様「あれどこ行ったっけ?」と言い出したら 「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁー!!!!」 とご指摘ください。

無駄と言えばこの人(?)ですよね

ではまた。

2022.07.01 堀内文雄(在宅ワーク環境見直し中。キャンプ道具で楽しくやりたい)