お客様の声

公開日:2021/09/16

著者:堀内 文雄

どーも、代表の堀内です。

先日、お客様からお言葉をいただきました。 別の企業の2名の方からたて続けにいただいたのでびっくりしました。 クラベスの価値の一つとしても挙げれる内容だなと思えたので、気づきになりました。

現在プロジェクト進行中のお客様に 「クラベスさんとのMTGって、他のシステムベンダーさんとのやり取りとぜんぜん違うんですよね」 と言われました。 「あ。なにか変ですか?」 と尋ねると 「いい意味なので安心してください。あるべき姿を一緒に考えてくれる会社いないですよ」 と言っていただけました。

また、すでに2年くらいお仕事をさせていただいている企業様で、 「クラベスさんは、他の受託会社さんと違ってて本当に助かってます。 言われた通りにやって、その実現性の検証もしないでやるだけの会社も多いんで、 検討もしてくれるし、実装中により良い内容を提案してくれるし、
本当に助かってますよ。」 と言っていただけました。

どちらのお客様も案件規模は大きく、 システム導入に数ヶ月以上かかり、ユーザーが100万人を超えてくるクライアントなのですが、私達が大事にしているものを実感していただいていることをとても嬉しく思いました。

採用の際によくお話しているのですが、 弊社の取り組みとして以下3つ、受託開発をしている中でも大事にしていることがあります。

1.エンジニアとしてあるべき姿を目指して受託開発に取り組む 2.一次請けにこだわる 3.100%自社内開発

それぞれ説明していきます。

1.エンジニアとしてあるべき姿を目指して受託開発に取り組む

というのは、常に新しい情報へのアプローチや、 新しい事例などを取り入れ、あるべき姿を目指して、受託開発に取り組んでいます。

例えば、自社で得意な言語ややり方を持っていたとしても、 それが今後の発展性がなかったり、保守性がなかった場合は、別の方法を取ります。 お客様がやりたい方向と、我々の過去の経験があわないケースでも、正直にお伝えしています。

開発規模やコストの面で、弊社に合わないケースはお断りすることもあります。 クラベスがやる必要のあるお仕事をやることが、お客様にとってもクラベスにとってもメリットが有り、ひいては世の中のためになると思っています。

エンジニアについて詳しくはこちら↓ エンジニア募集ページ エンジニア募集ページ

2.一次請けにこだわる

こちらは、簡単に言うとお客様と直接会話しながら運営できるプロジェクトに限る、ということです。 すでに要件が決まっているから、これにそってとにかく作って欲しい、という案件はお断りします。

システムの構築の際に、100%完璧な仕様書もなければ、解決方法に100点の答えがあるものもありません。

技術の進歩やお客様の状況、世の中の状況によって、正解は常に変わっていきます。 ヒアリングをし、要件定義をし、設計し、開発、テストしていくのですが、 その途中で改善すべき点や、よりよい方法が見つかった場合、必ずお伝えしていきます。

もちろん納期や費用で採用されないケースも多々あります。

とはいえ、より良いケースがあった場合に黙っている事はしません。

できるだけお客様に判断いただけるような材料を用意して、対応していきます。 そのような対応にもコストはかかってしまうので、プロジェクトマネジメントとしては正直言って難しいです。

3.100%自社内開発

基本的に全行程をクラベス内で完結できるようにします。 フリーランスの方に弊社チームメンバーとして参画していただくことはありますが、他社に依頼することはありません。 要件定義、デザイン、設計、コーディング、テスト、全行程を自社で対応していきます。 お客様の都合で、プロジェクトに外部の企業が入るケースもありますが、
弊社での対応に+αで実施いただくようなイメージです。 また、弊社メンバーの他社への出向などもありません。

今回の「お客様の声」では、1と2の点について、 お客様がメリットに感じていただけているのだな、と感じました。

何気ないふとしたタイミングでお聞きすることができたので、 別のタイミングでお客様インタビューなんかも企画できたらいいかと思います。

正直言って、長くお付き合いできるお客様とのシステム開発プロジェクトは楽しいです。 新しいお客様にファンになっていただくのもとても嬉しいので、拡大していくしかないですね。

ではまた。

2021.09.16 堀内文雄(いよいよキャンプ場でまるっと一日仕事をしてみることに。)