【CLAVES Roots】創業2年目からのインターン制度

公開日:2021/02/09

著者:堀内 文雄

どーも、代表の堀内です。 CLAVES Roots シリーズです。

今回は弊社のインターン制度についてです。 クラベスのインターン制度は、遡ること 6 年半くらい前から始まっています。

第一号のインターン生は、結婚して子供もいてもう 30 歳になったとか。 自分と同じ大学の 6 学年後輩。 出会いは大学のサッカーの OB チームでした。 起業して自分がキャプテンを次の代にゆずったころだったかと思います。

当時大学院生の彼がインターン先がなくなってしまったので、探している、 システム系で探している、と聞きました。

「来週からうちの会社来ちゃいなよ」

みたいな感じで誘ったのを覚えています。

社員がまだ 3-4 名だった時で、お客様のサイトの修正を最初にやってもらったのかな。 「これってこういう修正でいいですか?それとも・・・」みたいな質問が来て、 「ああ、その方法であってるよ」って返事をしたら 「あー良かった!じゃあもうできてます」って言われて。 しかもその対応がかなり早かったので、感動しました。

学生でもすごいやつはすごいんだなぁ、と思いました。

そんな経験から会社としては 社員に比べたら圧倒的にコストも低いし、安定して 1‐2 名抱えるのはどうだろう、 なんて考えるようになりました。

最初の Tom(CLAVES ネーム)がダメダメだったら、たぶんうちにインターン制度は なかったんじゃないかな。

インターン生がいると社内は活気がでます。 若い子がいるから、ってこともあるかもしれないけど、社員同士以上に 説明や質問が必要になるし、毎日いるわけではないので、 他の日の話をランチの時に聞いたりして、 話題が盛り上がりました。副次的な効果でした。

そこから、彼の後輩を紹介してもらったり、サイトで募集したりして、常に 2-3 名、 社員が増えてきたので、4-5 名に。 電話や接客業務をインターン生チームで回してもらうことにして、 曜日によって人がいないのもイヤだからってことで、最大 8 人がいたこともありました。

クラベスのインターンは原則、週 2 回 8 時間(16 時間/週)働けることが前提です。 土日や営業時間外にできないので、飲食店やスーパーでアルバイトを掛け持ちしている子もいました。 ※現在は 1 年以上続けている子ばかりなので、社員と同等にリモートワーク可能にしています。

弊社のインターン制度の最大の特徴は、私達のようなベンチャーには珍しく 「新卒採用のためじゃないこと」 かと思います。

そのまま入社してもらうようには促しません。

僕自身は、大きな会社に新卒で入って、 「同期」ができたことは、とても良かったと思っています。 今でも学生時代の同級生と同じような感覚で、 会社の同期とは会話することがあります。 先輩後輩や上司部下ももちろんあります。

クラベスのような小さな会社では、同時入社や同い年の同期はほぼ存在しません。 おそらく同規模の他の会社はもれなくそうだと思います。

新卒の時に入る会社は、 就活をしっかりできる能力を持っているなら僕は大企業に入った方がいいよ、と 言い続けています。

もちろん優秀な人にはいつでも入ってきてほしいです。 新卒入社のためにはインターンが前提となるとしており、 上記のような話をしてから判断してもらっています。

組織の壁とか、仕事をする上で、自由度が高く裁量があることが いかに幸せかを知ってもらうためにも、 一回は固い会社を経験することはいいんじゃないかと思っています。

クラベスが社員にとって良い会社になるようにずーっと頑張ってきたので、 噛み締めてほしいです。 自分が社員の時にいやだったな、っていう制度は作っていないです。

また、「○○ 社出身」みたいなキャリアブランディングのためにも名のある企業を勧めます。 将来、クラベスが有名になるのは間違いないですが、それはもう少し先のお話。

中途入社を受け入れていない大手企業もあります。 学生のうちにしかできない就活、新卒入社のレースを体験し、勝ち抜いてもらうのは良いことだと思っています。

弊社のインターン生は横のつながりで情報交換や協力もしているみたいです。

優秀な大学の学生が、クラベスでインターンをして、行きたい会社に行く姿を 何度も見送ってきました。毎年クラベス卒業式もしています。 年間でのビッグイベントです。

その日はだいたい朝まで飲みます。上司部下じゃない感じで飲みます。飲み明かします。 その子達と同窓会で会うのがとても楽しみです。 同窓会はもう一つのクラベスのビッグイベントです。

大企業のような待遇で 大企業以上の楽しさをクラベスが提供できるようになっていたら戻ってきてほしいという気持ちはあります。

卒業したみんなが集まっていろんな会話をしているのを見るのは本当に嬉しいです。 人材輩出企業、それもアリだと思っています。社会貢献ですね。

そんな話をしたものの、新卒で弊社に入る子もいます。感謝しかないです。

インターン生は間違いなくクラベスで圧倒的に成長します。 単なる作業はほとんどありません。

なぜやるのかを考え、 どうやったらうまくできるのか、 誰に聞けば解決できるのか、 自分の能力として何が足りないのか、 日々考えながら成長していってくれていると思います。

そのへんはインターン生達のインタビューを見てもらえればと思います。 2 年半のインターン生活で手に入れたものは「問題解決能力」
エンジニアとして考える、話すことができた 2 年半のインターン生活
1 年以上やってくれている人はほとんど社員級の仕事ができるようになります。

その状態で新卒採用面接を受ければ、、、

そりゃあ受かりますよね。 7UP やランチや飲み会の時にも就活のコツなんかも話します。

我々の学生の頃の情報はもちろん古いですが、 採用する側の気持ちが今はわかりますので、いいアドバイスもできているのかと思います。

笑えるくらいみんないいとこに受かっていきます。 3 社同じくらい行きたいところがあって、2 週間くらい悩みに悩んでたインターン生の 行き先を強引に決めたこともあります。懐かしい・・・

もう少し細かいことはまた別の時に。

現在の 2~4 年生で大学院に行く子達の長期インターン、受け入れますので、ぜひぜひご応募ください。

クラベスは卒業したみんなが こぞって戻りたくなる会社を作り上げていきたいなと思っています。

2021.02.09 堀内文雄(子供の運動会に向けてダイエット開始〜〜〜〜!)