【CLAVES Roots】7UP ~クラベス流 1on1~

公開日:2021/01/28

著者:堀内文雄

7UPクラベス流1on1

CLAVES Roots シリーズです。 7UP(セブンアップ)について話そうと思います。

7UPはクラベス流の 1on1 です。 1on1 というのが個人的にちょっとゴロが好きじゃないなっていうのと、 スポーツ脳の僕からするとマッチアップな感じがして、 敵対していると感じてしまいました。

1on1 の目的や意味を理解していくと、 全く問題はないのですが、 いいネーミングにしたいな、 みんなが意識することがわかるようなものにしたいな、と考えました。

制度に名前をつけてオリジナルにするのは良いことだと思っています。 そこにつく印象が狙い通りだとなお良いなと思っています。

社内だけの公用語を確立できるとよいのですが、 この7UPは現在でも一番根付いているかと思います。

僕自身、昔から7 が好きです。

小学生の時からサッカーをずっとやっていたのですが、 中学校時代から 7 番にこだわっていました。 高校時代に 9 番にされて怒った思い出もありますw 他の番号じゃ試合でない、みたいなことを言って高 3 で取り返しました。(大人げない)

大学時代も 2 年生のときに 10 番をもらったんですが、 自分の代は 7 番にしてもらいましたw 社会人チームでも 7 番です。家も 7 階。

7 番へのこだわりは自分の憧れの選手がジュビロ磐田の名波選手からです。 深川時代からの FC 東京ファンではありますが、自分が極端な左利きなことも有り、 日本一のレフティは名波さんで。 名波さんはジュビロではずっと 7 番でした。 (日本代表のイメージで 10 番って思うかもしれませんが。)




だいぶ話がそれました。


7UP は画像の通り、7 つの UP からできています。

1.MeetUp 実際にあって

(※コロナではMeetを使ってやっているので許してください) →顔を合わせて向き合って話してもらいたいという思いでした。  オンラインでも表情を見ながらしてもらっています。  電話のような音声だけではなく、表情が分かる状態でやってもらっています。

2.OpenUp 心を開いてリラックスして

→仕事中の時間ではありますが、できるだけリラックスして実施してほしいと思っています。  会社内で行うこともOKですが、リラックスのためにコーヒー飲みながら〜とか  カフェやランチに行ってもらうこともOKです。上限はありますが、会社から経費で出ます。

3.FaceUp 顔を上げて

→1.MeetUpでも言いましたが、顔を見合わせてほしいのと、  ポジティブになってほしいという意味もあり、顔を上げてとしています。

4.CheckUp 確認(健康診断)しあって

→お互いの状況を確認しあってほしいと思っています。  「健康診断」ともいれましたが、何か異変があったら早く知りたいですし、  本人は元気だと思っていても疲れた顔してるよ?みたいなことってありますよね?

5.MakeUp 整えて

→色々忙しいと仕事や感情がバラつきがちです。  人に話すと整理されて、それを聞く姿勢の人がいるととても安心します。  何なら悩みを人に話すと解決することも多々あります。  問題を解決するためには問題を整理することがスタートです。整理しましょう。

6.BigUp 称賛・応援しあって

→きちんとほめて、きちんと応援してほしいなと思っています。  人のいいところを素直に褒められる人が増えてほしいです。  そういう組織でありたいです。  人をほめる事ができる人は、周りに良い影響が与えられると思います。

7.GrowUp 成長する

→メンバーの成長は会社にとって大事ですし、クラベスにいる限り、  メンバーには日々成長してほしいと思っています。  メンバーの成長が会社の成長につながると思っています。

添付の画像をラミネートしたものを社内においてあります。 7UP を行う際にはこの 7 つを意識してもらいたいと思っています。 全部が達成されなければいけないわけではないですが、 良い 1on1 を行う上で意識するポイントを明確にした、良いものになったんじゃないかと考えています。

7UP の目的は成長ではありますが、 コミュニケーションロス・コミュニケーションギャップの解消にも大きく効果が出るものと思います。 卒業生の竹谷くんも言ってくれていますが、 エンジニアとして考える、話すことができた 2 年半のインターン生活

仕事のしやすい環境、が一番仕事の効率 UP につながると思っています。

そのための 7UP の時間は投資だと思っています。 業務効率が通常の 1.1 倍になったらバッチリもとが取れるはず!

毎週のようにやっていきたいのですが、まずは月イチから。 おすすめです。 CLAVES では、2 月から新メンバーも増えるので、7UP サイクルを上げていきます。

20210128 堀内文雄(占いみたいなので 7 に取り憑かれるって言われたことがある・・・)