“ゴールから考える”をCLAVESのVALUEに

kv_200118_2

こんにちは。CLAVES堀内です。

クラベスは創業当初より、
すべての距離を無くす」「どこでもドアを作る」「22世紀の話をしよう」という3つのメッセージが
存在していました。

ロゴはどこでもドアをイメージし、作られたものです。
未来への扉、という意味もあります。

logo_2

ミッションが「すべての距離を無くす」
ビジョンが「どこでもドアを作る会社になる」
と当てはまったのですが、
「22世紀の話をしよう」がちょっと浮くな、と思っていました。

でもこの言葉は大好きで。
常に未来を見据えていきたい思いや、
未来・将来に残せる誇れる仕事がしたいとか、
22世紀はきっとこうなってるとか、
ドラえもんのアイテムだったらこんなのがいいよねとか、
そんな思いから使い続けています。

CLAVESに持っていたいワクワク感を表すには良い言葉だと思って、
「メッセージ」として、使っています。

さてバリューをしっかりせねば、と思いました。

「ゴールから考える」という言葉は、バリューを考えた時に7個の言葉を色々と考えていた中から生まれました。

なんとなくの固定観念で、
ミッションは1個
ビジョンは1個
バリューは5〜7個くらいあるよね
って思っていました。

でもバリューって行動指針だよなー、人間日々の行動で、何個も意識して、
それをすべて満たす行動ってできるんだろうか?と思いました。

数日かけてひねり出しました。

1.問題解決こそ仕事
2.ゴールから考える
3.成長にストイックに
4.全力で楽しむ
5.成功に向けた挑戦を賞賛に値する
6.誇れる仕事をしよう
7.未来を見据える


何度か読み返したり、何名かの社員と話したりもしましたが、
各社の代表が集まる経営塾で、相談させていただきました。

突き詰めたらこの一個で全部説明できちゃうんじゃないの?というのが

「ゴールから考える」

でした。


kv_200118_3

外れるものもあると思いますが、
仕事における行動指針に置いて、「ゴールから考える」ということが、
かなり使いやすく、かつクリティカルなものだなと思いました。

今日の仕事、”ゴールから考えて”着手できているか?
このMTGは”ゴールから考えて”進められているか?
このプロジェクトは”ゴールから考えて”考えられているか?
このサービスは”ゴールから考え”たらもっとこうなんじゃないか?

機能面、性能面、品質面、スケジュール、成長、協力、
様々な仕事に関する分野において使える言葉だなと感じています。

実際に自分が
何かを始める時や物事を改めて考え直す時には、
「そもそもなんでこれをやらなきゃいけないんだっけ?」
「何のためにあるんだっけ?」と”なぜ”を考えます。

前職時代には”なぜなぜ思考”と呼ばれていました。
トヨタでも「なぜなぜ分析」というのも読んだことがあります。
自分の中にしっかり根付いている気がします。

仕事において、
達成したいことがあり、
そのための道のりがあり、
そのためのリソースが必要で、
そのための準備が必要になります。

ゴールから考えれば、今何をすべきか、の逆算ができるようになると思います。

すべてのメンバーがゴールへの逆算での考え方ができ、目の前にあるものに没頭できる状態を作れると
集中して仕事に取り組め、高いパフォーマンス(成果)と成長が見込めると考えているからです。

ゴールから考えて、今何をすべきか。
自分の人生においても考えて、日々の行動を見直していこうと思います。


886500_499934693402328_1521836655_o

2013年クラベス起業前のヨルダンの地で。きっと未来を見据えています。

会社の代表がすべきこと、会社の代表にしかできないことに
もっと注力して、会社を成長させていこうと思います。

株式会社CLAVES代表 堀内文雄
(FC東京優勝おめでとうございます。ありがとうございます。最高の一年の幕開けだ)
Tokyowinners

2021.1.4にFC東京はルヴァンカップ優勝。困難の中、しっかり結果を残した