会話のコツ

931367_475753129164612_36474689_nこんばんは。堀内です。
5月になったというのにまだ寒い日がチラホラ。

さて、今日は会話のコツについてです。

相手と会話が噛み合わないなーって思ったことありませんか?

もしくはそんなシーンに出くわしたことないですか?
今のシーズンですと新人がやってきた時に会話が噛み合わないなーってことがあるんじゃないでしょうか。

会話がうまくかみあわない一番の原因は「言葉の定義」が違うことです。
接客業をしている方はお分かりかと思いますが、自社内で使っている言葉とお客様が使っている言葉は、最初に定義しない限りずれてしまうケースがあります。

たとえば、新人へ上司が指示をする時に
「この書類皆さんに送っといて」
と言われた場合に上司としては
この書類を「PDF化」してメールで「チームのメンバー」に送っておいて、というつもり
新人としては、
この書類を「コピー」して郵送で「お客様」に送る、と受け取ってしまうことさえ
あると思います。

コミュニケーションにおいて「言葉の定義」などの
【前提】がとても重要です。
初めてお話するお客様といつも一緒に仕事をしている仲間、
はたまた家族とでは大きく違います。

もし会話が噛み合わないシーンに遭遇した時は、
「言葉の定義」や「会話の目的」など【前提】を確認しあってみてください。

なにか引っかかっていたものがスッと取れるかもしれません。

2013.5.2 堀内文雄(GWがほぼ影響ない生活)